〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

TOP > 気になるトピック > 赤ちゃんの歯を大切にして下さい

赤ちゃんの歯を大切にして下さい

歯が生えていない赤ちゃんにも
口腔衛生は関係します。

赤ちゃんの時の口腔衛生が年を取ってからの歯の状況を左右します

食事した後に赤ちゃんの歯肉を濡れたガーゼや布でやさしく一掃します。赤ちゃんの口の周りは敏感で、歯が生え始める前の、かゆく感じるところやヒリヒリする歯肉に濡れた布をあてることにより和らげることができるでしょう。歯肉を拭うことにより虫歯の原因であるバクテリアを除去する助けになり、後に歯が生えた時に役立つでしょう。

生後6−12ヶ月で歯が生えるとすぐに、0才児用の歯ブラシを使って歯磨きをしてあげましょう。赤ちゃんの歯肉を傷つけないよう、毛が多く柔らかいものにしましょう。水のみのブラッシングでも結構ですがもしあなたの歯科医が歯磨き粉を使用することを勧めたなら、ごく少量の豆粒大ぐらいを使用して下さい。通例、赤ちゃんは歯磨き粉の味を好み飲み込みがちです。そしてフッ素の摂取は身体に悪影響を与えます。

食事ごとに歯を磨き、寝る前にもう一度磨きましょう。歯磨きを楽しくできるように、歯ブラシや、コップなどをそろえて、楽しい時間を作ってあげましょう。

乳児の歯はいつもきれいに保ちましょう。歯をきれいにすることはあなたが自覚している以上に大切なことなのです。乳歯は大人の歯よりもエナメル質がうすく、虫歯の原因であるバクテリアに弱いのです。乳歯の虫歯は非常に速くて壊滅的です。まずエナメル質に浸透し、それから象牙質へそして神経に感染していきます。

乳歯は結果的には抜け落ちますが、乳歯は基本的に永久歯が生えるまで抜け出ないようにするのが得策です。なぜなら乳歯は永久歯の生え方と非常に関係があるからです。乳歯の虫歯がひどかったり、歯並びが悪かったりする場合は早急に処置をするべきです。

2歳になる前には歯科医師に連れて行きましょう!
良い口腔衛生を保つ習慣を早期に身に付けることは大切です。また幼い時、できれば初めての誕生日で遅くとも2才になる前には最初の歯科検診を受けることが大切です。この年齢には、おしゃぶりや哺乳瓶う蝕症候群によってできた問題が発生しているかもしれません。

初めて歯科医院に行く前には歯科医院の事を説明してあげてください。絵本などは体験を紹介するのに良い方法でしょう。

もう一つ良い方法はあなたのお子様を歯医者に親しませるために兄弟や姉妹のうち一人を一緒に連れて行くことです。こうすることにより検査を受けやすくなりますし、子供にとって安心させる手段になります。

初めての来院では、まず歯科医師と一緒に楽しく歯の事を良く知る為のセッションをするべきです。歯科医は明るく親切に接し、そしてあなたの口、歯肉、歯の説明をゆっくりとしていきます。歯科医師または衛生士もまたあなたのお子様の歯をやさしくきれいにし、適切な歯磨きの仕方を指導します。

歯の救急箱をご家庭に

口腔衛生の現実

 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/