〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

TOP > 気になるトピック > TMJ(顎関節)の障害

TMJ(顎関節)の障害―原因は何か?治療法は?

私が息子に本を読んでいたときです。息子が「ママの顎、カチカチと音がするよ!」と言いました。彼は正しかったのです。私は100万の人々が抱えていると言われている顎関節症(TMD)の内の1人なのです。私は口を開けて話をしたり、あくびや物を噛んだりする度に顎の関節がカチッと鳴るのを感じます。顎関節症は耳、こめかみ、顎、歯に焼け付くような痛みを引き起こし、口を大きく開けることができない人もいます。顎関節の炎症や耳で鳴り響く音の原因にもなります。

顎関節とは何ですか?
TMJ(顎関節)は頭蓋骨の側頭骨と下顎骨からなります。それはちょうど耳の前方に位置します。これらの接合箇所には弾力性があり滑りやすくする軟骨と呼ばれる組織があり、これにより関節がなめらかに動きます。
顎関節の動きを感じるには耳の前方の隣にある硬い三角組織に人差し指を置いてください。あなたが口を開閉するときに下に押して下さい。あなたが顎関節の動きを感じられるはずです。もしあなたが顎関節症の可能性をお持ちなら、かかりつけの歯科医か内科医の診断を受けるべきでしょう。

TMD(顎関節症)の原因は何ですか?
軟骨組織がすり減った時に顎関節の痛みが生じます。たくさんのことが軟骨組織をすり減らす原因になります。例えば歯を食いしばるのが癖であったり、精神的ストレス、歯ぎしり、口の片一方だけで常に噛むことなどです。歯科的な問題―歯並びが悪い、欠歯、噛み合せが悪い―これらもまた治療をしていなければTMDに発展してしまいます。

TMDを防ぐためにあなたができることとは?
あなたの噛み方に注意を払ってください。あなたは片一方だけで噛む癖がありませんか?もしそうならばあなたの歯や歯肉に不快なところがありませんか?又、噛み合わせが公平でないところがあり片一方を使う原因になっていませんか?そのような場合は歯科医師によって補正する必要があります。そしてただ片一方を使うことが癖ならば、意識して両側で噛むことが必要です。偏った噛み方が原因だとすると、あなたの頭の側面にある顎関節は磨耗をはじめます。

あなたは日中または睡眠中に歯をくいしばったり、きしませたりしていませんか?あなたが寝ている時にそのようにしているかどうかを家族に尋ねてみて下さい。これは「歯ぎしり」と言われる状態で多くの人々が持っている癖ですが実感はありません。歯ぎしりはあなたの顎を傷つけるだけでなく歯も傷つけてしまいます。歯科医院では歯ぎしり防止のためにナイトガードという装置を患者の口に合わせて提供しています。

日中に歯ぎしりを行うのは無意識のうちにストレスがたまっている証拠です。体のストレスに充分気を付けて下さい。もしあなたが歯ぎしりを行っているならば意識的にリラックスして下さい。

顎を休める事を考えて下さい。硬い食べ物は歯や顎を疲れさせます。

もしすでに顎関節症と診断されている場合は下記のことについて守って下さい。

  • 顎関節を守るために口はあまり大きく開けないで下さい。
  • 小さい口で物を噛んで下さい。
  • 長い時間歯科治療を受けないで下さい。
  • 全身麻酔を避けて下さい。
  • 歯科治療の際は定期的に休憩を取って下さい。
  • 顎関節を休めるために20分ほど顎関節を暖めて下さい。
  • ひどい痛みの場合は氷で、10分間隔で冷やして下さい。
  • 痛みには5分温めて5分冷やすことを繰り返すと良く効きます。
  • 血の循環を良くするため、また筋肉をほぐすため軽くマッサージをして下さい。
  • 親指と人差し指の間に顎関節に効くつぼがあります。
  • 正しい姿勢で座って下さい。
  • 受話器を肩と顎の間にはさまないで下さい。
  • 首をサポートするためにうつ伏せで寝ないで下さい。
  • 激しい運動は避けて下さい。動作がゆっくりとしたヨガなどは顎にとって素晴らしい運動です。
  • 痛みや感染に備えて予防薬を飲んで下さい。   
  • 普段から健康な食生活を保って下さい。

口腔衛生の実態

口臭はどこから来るのでしょうか?

心臓発作に対応する為には

 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/