〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 


TOP >最新技術 >一回の診療ですむ詰め物の治療−CAD/CAM

一回の診療ですむ
詰め物の治療−CAD/CAM

過去、伝統的な歯色の詰め物、クラウン、ベニアなどの補綴物は数回の診療を必要とし、それらは技工所で作られるものでした。しかし今日では、CAD/CAMの導入により、これらの過程をすべて歯科医院で行えるようになりました。つまり補綴物製作が歯科医院で可能となり、全ての過程を一度の診療で終えることができるようになりました。
CAD/CAMを使う最初のステップは、土台となる歯(支台歯)の形成を行うことです。第二ステップは歯型(印象)をとることです。この時、歯型材(印象材)で歯型を採るのではではなく、特別なカメラで写真を撮り、土台となる歯の正確な寸法をコンピューターに取り込みます。

そして次にコンピューターで補綴物がデザインされ、それから歯科医はあなたの歯の色に合った材料を選びます。その材料を小型の精密自動切削機の中に入れ、ほんの数分で、正確でかつあなたにあった補綴物が作られます。

そしてできあがった新しい補綴物をさきほど形成した支台歯に試適し、色あい、適合性を確認し、合着します。最後に噛み合わせが調整され終了です。このようにCAD/CAMによって、あなたはたった一度の診療で新しい補綴物を手にできるのです。


もっと輝いた笑顔を
テレビを使って自分の歯を見る
ワンドとはなんでしょうか?


 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/