〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 


TOP
>最新技術 >レーザー治療
レーザー治療

レーザーは現在CDやバーコード読み取りなど幅広い分野に使われていますが、歯科の世界にも応用されています。

レーザーとは、光の束です。CDやバーコードに使用されるレーザーは低密度な光の束ということができます。


Dental Laser使用方法: 1960年代から歯科の世界でレーザーは存在していましたが、その使用は現在まで認められていませんでした。レーザーの使用法は大きく4つ有ります。1つ目は、歯肉を切り取る事が出来ます。実験ではレーザーによって通常よりも早い完治が可能であり、感染を抑える事、治療の際の痛みを抑える事、治療の際の音を抑える事が出来る事を示しました。診療台では、空気の噴射で治療部位を冷やしている音しか聞こえません。しかしレーザー反対者は、この利点が従来の歯科器具とあまりかわらないと言う人もいます。2つ目の使用法は、詰め物を固める事です。従来の器械を使うと30秒ほどかかっていた作業も、レーザーでは5〜10秒で固めることが出来ます。

Dental Laser3つ目の使用法は、審美歯科の世界で応用されています。レーザーはブリーチングの治療時間を早める事も出来ます。

4つ目の使用法は、歯も削る事が出来る事です。これまでのドリルを使用するのと違い、レーザー光線と水の力によって歯を削るレーザーは、音はほとんど聞こえません。しかしレーザーは次の点に関してはドリルと比べまだ劣っているようです。レーザーは歯を削るのは遅く、また確実性がドリルのほうが勝っているようです。

痛みはありますか?次の点が今までのドリルとは違った点です。それは、麻酔をしなくても痛みはほとんど無い点です。ここが従来の器械と大きく変わった所です。
統計ではレーザーを使った治療はとても有効であると言う結果が出ましたが、その反面とても高価な治療でもあるようです。


より美しい笑顔の為に。
審美歯科写真で結果をご覧下さい。
エアーアブレージョンを使って、ドリルを使わない治療法

 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/