〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 


TOP > いろいろな治療法 > クラウン > クラウン内の虫歯


クラウン内の虫歯


どうしたら自分の歯に取り付けられているクラウンに不具合があるかどうかを知ることができるのでしょうか?

あなたの歯に被せられているクラウンは、歯を保護し、強化する役目を果たしていますが、時にそのクラウンの下で虫歯が進行している場合があります。 クラウンの表面上には虫歯はないので見つけるのがとても難しいのですが、虫歯はクラウンとそれに接している歯とのわずかな隙間から発生し始めます。

残念なことにこのクラウンと歯の隣接部というのはなかなかブラッシングでも歯ブラシが届きにくく、プラークを除去することが難しい場所なのです。 そのため虫歯も発生しやすくなるのです。 虫歯になってしまったばかりの初期段階で見つけることができれば簡単に修復処置をすることができます。 しかしほうっておいてクラウンと歯の間に虫歯が広がってしまうと厄介なことになります。クラウンの下で虫歯は急速に広がってゆきます。こうなるとクラウンを取り替えなければならなくなります。

虫歯が広がって歯の奥まで進行する前に、クラウンを取り替えることでこれを防ぎます。

 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/