〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 


TOP > いろいろな治療法 > クラウン > 詰め物が磨り減ったときはクラウンが必要


詰め物が磨り減ったときはクラウンが必要


詰め物が磨り減り使えなくなってしまった時は、代わりになるものを考える時期です。普通、クラウンに替えるのが一番良い方法です。詰め物とは違って、クラウンは損失した歯を覆い、保護し、破損から歯を守ります。

小さな詰め物の辺縁が壊れると、封鎖性が悪くなり二次う蝕の原因となります。歯がまだほとんど損なわれていなければ、新しい詰め物に取り替えても差し支えありません。

大きい詰め物の場合は話が違います。上から見ると、詰め物はそんなに悪くは見えませんが、横から見ると、歯がほとんど破壊されているのが明らかに分かります。歯が破壊した後では、修復はいっそう難しくなります。

大きい詰め物を、クラウンに取り替えることで歯をより強く保護します。

 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/