〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 


 
TOP > いろいろな治療法 > 抜歯 > 親知らずの抜歯治療(1)


親知らずの抜歯治療(1)


親知らずの治療の種類は様々ですが、必ずしも抜歯しなくてはならないと言う訳ではありません。

しかし、それは、とても幸運な人と言えます。なぜなら、他の歯と同様のケアで親知らずをのこす事ができるからです。大抵の場合、親知らずは抜歯しなくてはいけません。そうしないと、あとでもっと大きな治療をしなくてはならないケースが多いからです。

親知らずはその隣り合っている歯を押し出す力があり、それが親知らずが痛む原因となっています。

調整不良の歯は虫歯になりやすく、 これはX−線写真でも分かりますが、親知らず隣接した歯も虫歯になりやすくなっています。それに、親知らずは歯垢を完全に取り除く事はほとんど不可能です。

親知らずに溜まった歯垢が虫歯の原因になる事が大半で、歯周病の原因になる事もあります。歯周病は親知らず周辺から始まり、口全体に広がってしまいます。嚢胞が埋没し親知らずにできてしまう事もあります。嚢胞は骨組織を破壊する要素の内の一つです。

この黒いエリアが嚢胞です。手術をして除去する必要があります。

親知らずが成長すると、顎の神経組織まで到達するケースがあります。このケースの場合、親知らずを除去したとしても、神経組織を傷つける場合があり、それによって、舌、喉が永久的に痺れ、又は神経がとおらない状態になる可能性があります。

この様なさまざまなマイナス面を含んだ親知らずは早期の除去をお勧めします。親知らずが生え出したらすぐに抜歯することをお勧めします。


 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/