〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 


TOP > いろいろな治療法 > 抜歯 > 虫歯で損傷した歯の治療


虫歯で損傷した歯の治療


歯科技術はこれまでの間でかなり進歩してきましたが、今だ虫歯によって損傷を受けた歯は抜かなければならない場合が多々あります。

ここに、歯を抜かなくてよい場合と、歯を抜かなければならない場合を説明します。

歯根(歯の根の部分)は顎の中の骨に植わっています。

クラウンは大部分ダメージを受けた歯を覆い、保護するのに使われます。それは骨の上(歯肉の上)の歯の一部に取り付けますが、骨の下(歯肉の下)まではありません。歯科医は骨の上(歯肉の上)の歯を正常に機能させ、歯の組織をより健康にします。

上の図は、クラウンを取り付けた歯は損傷を受けていますが、歯科医が治せるだけの十分な歯の組織がまだ残っています。

左の図のケースでは、歯の半分近くが破壊されています。歯科医はかろうじて残っている歯にクラウンを取り付けます。

もし、骨の上(歯肉の上)に健康な歯の組織が十分に残っていなければ、歯科医が歯を守るのは不可能です。このような状況では、歯は単に取り除くしかありません。

 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/