〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 


TOP > いろいろな治療法 > インプラント > 下顎インプラントは必要か?


下顎インプラントは必要か?


もしあなたが下顎の義歯をお持ちなら、いかに食べにくいかをご存知のことでしょう。下顎の歯を失ったとき歯槽骨はみるみるうちに吸収されていきます。さらに悪いことに下顎の骨の中を通っている神経が表面に出てくることもあります。これにより噛み合わせるとひどい痛みを伴います。

幸運なことに今日では、下顎にインプラントを取り付けることが可能になりました。歯科インプラントはチタン製の小さな人工歯根を骨に埋め込むことで、なくなった歯根の代わりをします。

下顎にインプラントを使用する方法の一つはバーでインプラントをつなぎ、クリップを新しい義歯に付けます。これらのクリップにより義歯を固定し、ぐらつきを抑えることができます。この装置は着脱可能なので、家庭できれいに清掃することができます。もう一つの選択肢はブリッジです。これはインプラント部に合着し保持します。

インプラント上部に義歯やブリッジを装着することで、骨組織の吸収や神経の圧迫を防ぐことができます。インプラントで得たあなたの新しい歯で、再びおいしく食べること、話すこと、そして自信を持って微笑むことができるようになります。

 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/