〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 


TOP > いろいろな治療法 > インプラント > 単独歯のインプラントは必要か?


単独歯のインプラントは必要か?


インプラントは失った歯を補う非常に良い方法で、美しい口元を再び手に入れることができます。歯科インプラントは、チタン製の小さな人工歯根を顎の骨に埋め込むことで、失った歯根の代わりをします。埋め込まれたインプラント上部に、人工の歯を装着します。

失った部分をインプラントで補うことで、口腔内全体に影響を及ぼす二次的問題を避けることができます。歯はお互いを支えあっています。歯が失われると、噛んだときにかかる力のバランスが崩れ、結果的に他の歯が移動します。また噛み合う歯(対合歯)がなくなると、歯列から突出し、最終的には、他の歯まで失ってしまう結果となってしまうのです。

噛み合せが変わると物が噛みにくくなって、顎の関節に障害を起こし顎関節症になることもあります。

歯並びが乱れると、歯の手入れも難しくなります。歯ブラシや歯間ブラシ、フロスでは届かない場所にプラークや歯石がたまり、虫歯や歯周病を引き起こし、骨が失われていく大きな原因となります。

失った歯を補うもう一つの方法はブリッジですが、ブリッジ治療と比べ、インプラント治療には二つの利点があります。それは、周囲の歯が影響を受けないこと、そして骨の吸収を食い止めることです。

インプラント治療は、本来の機能を回復させ、美しい笑顔を取り戻すことができます。

 

 

 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/