〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 


TOP > いろいろな治療法 > インプラント > インプラントによるブリッジとは?


インプラントによるブリッジとは?


インプラントでブリッジを支えることは、失った歯を補う非常に良い方法です。川に架かる橋と同様に、歯科用ブリッジも支台歯によって支えられます。歯科用インプラントはチタン製の小さな人工歯根を骨に埋め込むことで、失った歯根の代わりをし、支台歯として機能し、上部にブリッジを装着し、維持します。


失った部分をブリッジで補うことで、口腔内全体に影響を及ぼす二次的問題を避けることができます。歯はお互いを支えあっています。歯が失われると、噛んだときにかかる力のバランスが崩れ、結果的に他の歯が移動します。また噛み合う歯がなくなるとき歯列から突出し、最終的には歯を失うこともあります。噛み合せが変わると物が噛みにくくなって、顎の関節に障害を起こし顎関節症になることもあります。

そして、歯並びが悪くなることにより、歯ブラシや歯間ブラシ、フロスでは届かない場所にプラークや歯石がたまり、虫歯や歯周病を引き起こし、骨が失われていく大きな原因となります。

失った歯を補う方法として、部分義歯を使用することもありますが、 インプラントブリッジには大きな利点があります。部分義歯のような留め金や金属部分がないこと、また抜歯をした時に起こる骨の吸収を抑えることです。いろいろな点から考えてみると、インプラントとブリッジを併用した方法は、失った歯を補う最良の方法と言えます。


 

 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/