〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 


TOP > いろいろな治療法 > 入れ歯 > 即時義歯とは何でしょうか?


即時義歯とは何でしょうか?


あなたの歯のほとんどが、がたがたしていたり、痛みがある時それらはどうしようもないかもしれません。この状況はたいてい進行した歯周病を引き起こします。歯周病は骨を失うことで起こります。もし手遅れになると、歯を支える骨がほとんどなくなり、歯を抜かなければならなくなります。

歯を抜いたり、義歯を取り付けたりすることは感染をなくし、口の中の健康を取り戻すためには一番の方法かもしれません。

処置が始まる前に、最初に歯型が取られます。その歯型から精密な模型が作られます。その模型を元に即時義歯が作られます。

我々はあなたと、新しい歯に合う色や形を選びます。即時義歯ができあがったら、残っている歯を抜きます。抜歯の前には全体に麻酔をするので、痛みを感じることはありません。

歯が抜かれるとすぐに即時義歯が装着されます。最初の24時間は、歯肉が腫れているためにきつく感じるでしょう。 6〜9ヶ月すると骨が治るとともに、歯肉が引き締まり義歯が緩みだすので、仮止め剤で義歯が適合するように調整します。この時期になると、口の形を固定させて即時義歯から完全な新しい義歯に換える治療、又は、即時義歯を技工所で作り直す作業をします。

仮止め剤でのいくつかの問題は、新しい義歯が通常通りに適合するかということです。初めは、物を噛む時に義歯が傾くことがあります。また、唾液の量が増えたことに気づくでしょう。口の中に異物感を感じる事や、嘔吐感を伴うこともあります。舌がもつれて話しづらくなります。新しい義歯に慣れるまでは物を食べるときにぎこちなく感じるでしょう。しかし、しだいに適合するようになります。

歯を無くすことを好む人はいませんが、感染したときに、その歯を取り除き、即時義歯をつけることで健康を促進し、笑顔に自身を持つことができます。

 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/