〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 


TOP > いろいろな治療法 > 入れ歯 > 入れ歯をつけたときに起こるいくつかの問題とは?


入れ歯をつけたときに起こるいくつかの問題とは?


人々の中には、歯を取り除き、義歯をつければ問題がなくなると信じている人がいます。しかし、その代わりに、義歯を装着することが多くの新しく異なった問題の始まりだということに気が付くでしょう。

それはまず、義歯で物を噛むことでわかります。食べ物を噛むのに通常の5倍の時間がかかります。そして、治療に多くの費用がかかります。−歯を抜く、義歯を作る、周期的に義歯を修正する、作り直す(できれば3年毎)−義歯は最終的にとても高価なものと言えます。

さらに治療の手段が少なくなってくると、噛むことがより困難になり、インプラントのことを考えたり、すでにご存知のように、もっとも高額なものである歯を取り替えるという選択をせざるをえなくなるのです。

義歯を装着して時間がたつと、顎の骨が引っ込んできます。これは、義歯が緩んでだらりと垂れてしまうのが原因です。このようなことが起きたら、正確に適合するように新たに義歯を作り直さなければなりません。

特に下顎にはこのようなことがよく起こります。なぜなら、義歯の土台が小さすぎて、骨がとても不安定だからです。歯を取り除くと、そのうちあなたの下顎の骨の、細く隆起した部分が平らになり、義歯を装着する支えがほとんどなくなってしまいます。さらに悪いことに、骨の表面には神経が通っている穴があり、そこにまで及ぶと、物を噛んだときにとても痛みます。長い期間義歯を装着していると、このようなことに非常に苦しみます。それらの顎の傷と、毎回の麻酔に悩まされることとなります。

不幸なことに、それらの問題は年をとってから起こります。こういったことに悩まされることのないように、体の健康と正しい食生活を考えなければなりません。

下顎の義歯の下の骨が引っ込んだとき、二つのことが起こります。鼻が顎に近づき、唇の形が崩れます。こうなると、口元を支える力が弱まるので、しわが増え、年をとったように見えてしまいます。

上顎の義歯もまた、食べ物を味わい、楽しむことをより困難にさせます。痛みが進行している個所は、頻繁にマッサージをします。もし、反射的に嘔吐感があるのなら、下顎の義歯をつけることは不可能です。

あなたが自然な歯を維持することを選ぶなら、それは好ましい選択です。食べ物を食べることをいつまでも楽しむことができ、より自信がつきます。


 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/