〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 


TOP > いろいろな治療法 > 詰め物 > 古くなった銀の詰め物の取り替え

古くなった銀の詰め物の取り替え


形あるものはすべて壊れます。銀の詰め物もその例外ではありません。銀の詰め物はものを噛む時とても大きな圧力に耐えています。そして、時がたつにつれ、銀の詰め物は古くなり、やがてとれてしまいます。

この詰め物の一部が取れてしまい、詰め物に隙間ができてしまうと、この場合、歯を虫歯から守れなくなってしまいます。




歯科医師が古くなった詰め物を取り替える治療を行う時には、先ず、詰め物の大きさを測り、その後、詰め物を詰める歯の大きさを測る作業が行われます。

もし詰め物の隙間が小さければ、銀色の詰め物で対処できますが、それは、結果的にまた再び、取れてしまいます。もし詰め物の隙間が大きければ、これはとても大きな問題です。

このケースは、歯の半分は欠けて無くなっています。

このような場合、金やポーセレンに変更すると、丈夫で、長持ちする歯に変える事が出来ます。


 

 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/