〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

TOP > いろいろな治療法 > 口腔衛生 > フッ素と虫歯の関係


フッ素と虫歯の関係


フッ素の使用が半世紀前からの予防歯科の歴史を変えました。

アメリカではほとんどの水道水にフッ素が含まれています。およそ3/4の都市では歯を強くするためにフッ素を混入させています。それによって虫歯の発生が60%押さえられました。

フッ素には多くの作用があります。フッ素はすべての年齢の歯に効果的であり、特に永久歯に生え変わるときにフッ素がエナメル質を強くし、虫歯になりにくい歯を形成します。

大人の歯に対してもとても有効的です。フッ素はエナメル質を強化して早期の虫歯の発生も押さえます。

フッ素は根管治療にも有効です。リンス又はジェル状のフッ素は細菌を分解する働きがあります。

多くの歯科医師はフッ素入りの歯磨き粉を患者に薦めています。フッ素を含んだ他の商品は

  • フッ素ドロップ
  • タブレット
  • ジェル、リンス

フッ素を歯に塗布するタイミングとして一番効果的な時は歯科医院で歯面清掃した後です。

フッ素は虫歯予防の為にはなくてはならない存在なのです。正しいブラッシングとフロッシングを行う事と、よい口腔衛生を身につけることと、フッ素をつかった歯磨き粉を使う事は予防歯科ではとても重要な事なのです。

 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/