〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TOP > いろいろな治療法 > 口腔衛生 > 口腔衛生:歯周病関連記事


口腔衛生:歯周病関連記事


歯垢を歯から取り除く作業をする上でなぜ最新の技術が必要かと言う理由は2つあります。

1つ目は、歯と歯肉の間は普通2〜3ミリほどの溝があります。その隙間は歯ブラシやフロスが届く事が出来る距離といえるでしょう。歯周病になるとこの溝が深くなり、その溝が3ミリよりも深くなってしまいます。そしてその深くなってしまった溝は歯周ポケットと呼ばれるようになります。歯周ポケットは、歯垢やバクテリアが隠れるのにとても良い環境なのです。

2つ目は、歯周病は歯根の形によって左右される事があると言うことです。歯肉と歯がしっかり密着していれば歯周病は起こりません。歯肉と歯との間をしっかりフロッシングする事ができれば、歯周病は防ぐ事ができます。

歯周病では、歯と歯肉の接触面積が減れば骨を失う可能性が増えます。そうなると歯と歯肉の間に深い溝ができ、そうなるともうフロッシングするだけでは歯垢は取り除けなくなります。

歯根に付着した歯垢を除去するには、特別な道具が必要です。その道具はいろいろな部位の歯垢を取るときに役立ちます。

歯科医院ではあなたにあった歯垢を取り除く道具をみつけるお手伝いをしています。どうぞお気軽に、ご相談下さい。


 

 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/