〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 


TOP > いろいろな治療法 > 根管治療 > 根管治療後のケアー


根管治療後のケアー

根管治療には通常2回の診療が必要です。テンポラリークラウン(仮歯)が治療個所に被せられ、治療中の歯を守ります。

治療中は患部に麻酔が打たれ、患部の周りの感覚を無くします。麻痺が完全になくなるまで、物を噛む事は避けて下さい。

テンポラリークラウンをつけている間、テンポラリークラウンが取れたり、磨耗してしまったりします。もしそのような事が発生したら、医師に連絡してください。

物を噛んでいる時に不快感が伴う事が有ります。この不快感を取り除く為に、痛み止めの薬を処方する場合があります。もし、抗生物質が処方された場合は、指定された日数は守ってください。

一日3回は薄い塩水で口を濯いでください。腫れや痛みを和らげます。

治療中にテンポラリークラウンを保護する為には:

  • ねばねばした食べ物を避けて下さい
  • 硬い食べ物を食べる事を避けて下さい
  • できるだけ治療個所と反対側の歯で噛むようにして下さい

治療中はブラッシングを特に慎重に行って下さい。口腔内を清潔に保つ事はとても大切な事です。この治療の最終段階として、クラウンを被せます。クラウンが患歯をカバーすることによって再発を防止します。

もし、治療後にかみ合わせがおかしかったり、不都合がおきた場合は歯科医師に連絡してください。

 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/