〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 


TOP > いろいろな治療法 > 小児歯科 > 詰め物を詰める


詰め物を詰める


詰め物を詰める治療を行う時は、初めに、患部に麻酔をして、完全に麻痺させてから行います。

治療個所と、歯の位置によって、ラバーダムが施されます。ラバーダムは歯に被せるレインコートの様な物で、喉の奥に異物が落ち込む事を防ぎます。

そして、歯科医師が虫歯部分を取り除き、ハンドピース(切削器具)できれいに形成します。 詰め物を詰める前に、バンドと呼ばれる薄い仕切りが歯に取り付けられます。

バンドと歯の隙間を無くす為に小さい木片を歯と歯の間にはさみます。

次に、詰め物の材料が歯に注入されます。

白い色の詰め物の場合は、特殊な光が照射されると、素材が固まる様になっています。銀色の詰め物は詰め物自体が自然と固まる様になっています。

術後に噛み合わせがチェックされ、フロッシングして、歯と歯の間に余分な隙間がないかチェックして治療が終了します。



 


 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/