〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 


TOP > いろいろな治療法 > 小児歯科 > 断髄法


断髄法


断髄法とは、乳歯の虫歯が神経まで達した時に行う治療法で、感染した歯髄部分のみ除去して、健康な歯髄を残す治療法です。断髄法は大まかに3つのステップを踏みます。

  1. 歯科医師が歯髄の天井部を切開し、感染した歯髄部分のみを切除します。
  2. 感染部分を取り除いた後に薬物を投与して、再感染を防止します
  3. クラウンを被せて治療が終了します

治療をスムーズに行う為に、歯科医師は初めに麻酔で患部を麻痺させます。

ラバーダムが歯に被せられます。ラバーダムは歯に被せるレインコートで喉の奥に異物が入り込む事を防ぎます。


1,歯髄の上部を開け、感染部分を取り除く
2,取り除いた後に薬品を投与する
3,クラウンで歯を被せる。



2の薬品はクラウンを被せる前に取り除かれる場合もあります。


 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/