〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 


TOP > いろいろな治療法 > 小児歯科 > 乳歯にステンレス製のクラウンを被せる


乳歯にステンレス製のクラウンを被せる


乳歯における小さな虫歯の場合、充填をすることによって充分処置ができます。 しかしながら、虫歯が大きい場合は、クラウンによる処置が必要となってきます。 クラウンを施すことによって、虫歯になった歯を強化することができますし、更なる虫歯から歯を守ることができます。

乳歯のクラウンの場合は、永久歯のそれとは違って、1度の治療で完了します。 比較的簡単に処置ができるので、大人の人にクラウンの処置を施すほど、高価ではありません。

患者である子供が痛がらず、快適に処置ができるよう先ず初めに、確実に麻酔をかけます。

そうしておいて虫歯の部分を除去し、ハンドピース(切削器具)を使って歯の形状を整えます。

次に虫歯によって失われた歯の部分を埋めるためのクラウンが選ばれジャストフィットするようクラウンを削って形を整えます。 この作業は、何度かクラウンを削っては歯にはめてみて少しずつ調整をしてゆきます。 ぴったりはまるよう形を整えることができたら、セメントでクラウンを歯に接着します。

処置が済んだ後は、違和感がないかどうか、噛み合わせはどうかなどを確認した上で治療は終了となります。



 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/