〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 


TOP > いろいろな治療法 > クラウン > 根管治療後にはクラウンが必要


根管治療後にはクラウンが必要


根管治療をした歯は弱くて脆くなっています。 虫歯に冒された神経部分を処置する為に歯の中央部の神経を取り除いてしまっているので歯の外側しか残らず、どうしても弱くならざるを得ません。 それに神経部分を取り除いているので血液も供給されなくなっているので脆くなっています。

この絵の歯は根管治療をした後もクラウンをしていません。 こういう場合、例えば何か硬いものでも噛み砕こうとしたときものすごい力が歯にかかりますが健康な歯はその力に耐えることができますが中が空洞になってしまった歯はその力に耐え切ることができず欠けてしまうこともあり得ます。

一旦歯が折れてしまうとその歯を修復することはとても難しく、費用も時間もかかります。 根管治療をした歯にクラウンを被せて歯が折れないよう保護することは大事です。




 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/