〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 


TOP > いろいろな治療法 > クラウン > 前歯のポーセレンクラウン


前歯のポーセレンクラウン


歯をポーセレンクラウンで修復するのには最低2回の診療が必要です。それは、技工所であなたに合ったクラウンを精密に作製するからです。

治療をスムーズに行うために、先ず歯に麻酔を施します。次に、ハンドピースと呼ばれる歯を切削する器具で虫歯を取り除き、歯の形を形成します。

より正確な歯型を採るために、歯と歯肉の間に細い糸(圧排糸)を入れることがあります。切削ラインをより精密に印象(歯型)を採る為です。この歯型より、歯の模型が作られます。

歯の模型は、あなたの口の中を正確に再現します。

技工所であなたの新しいクラウンを作製する間、治療中の歯にはテンポラリークラウン(仮歯)を装着します。次の診療時にテンポラリークラウンは取り外され、新しく出来上がったポーセレンクラウンを装着します。最後に歯科医師が、噛み合わせと、適合をチェックし、全ての調整が完了したら、セメント合着して治療は終わりです。

 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/