〒492-8271 稲沢市石橋4丁目74 TEL 0587-21-5566
 
 
 
 
 
 
 
 
 

TOP > 症例とその処置 > いびき(3)

いびき(3)


  1. いびき

  2. 防止用装置
  • 外科的処置


外科手術


ソモプラスティー

ソモプラスティーは、喉が麻酔で麻痺しているときに、小さい器械を喉の組織に組み込みます。その器械はいびきから発生する喉の組織の波動を吸収する事が出来ます。 治療の数週間は、治療の個所の組織は縮んでしまい、小さい傷がのこります。このことによって器械の密着度を高め、振動を抑えます。

長所:
レーザーによる治療よりも早く快適に治療できる。

短所:
この治療についてはまだまだ少ないので、治療に関しての予測がつきにくい。


レーザーによる手術

喉の組織が麻痺したあと、レーザーで喉の軟組織の再形成を行います。これで、空気の通る道を広くし、振動を抑えます。

長所:
レーザー治療には長い歴史があり、治療に予測がつけやすい。

短所:
ソモノプラスティーよりも治療の期間が長く治療の際痛みが伴う。

この治療は耳鼻科医、口腔外科医によって行われます。





 
ハーネット(審美歯科版) 歯周病専門サイト ペリオネット 歯科総合サイト ハーネット URLはhttp://www.j-dol.com/dr/yosiji/